つわりを楽にする方法


つわりって8割の人が体験するのですが、重い方は入院して点滴することも。とてもつらいものですね。8週から12週くらいがピークですが、長引く人も結構おられます。いろんな迷信も飛び交いますが、原因もはっきりとはしていませんので、対症的なケアや医療で軽くなる時期を待つことが多いです。

耐えるしかない?
なぜ、つわりが重い人と軽い人がいるのでしょうか。重症になるママの中には、お母さんもおばあちゃんもつわりがきつかったと聞いておられる方がいます。その場合は、体の変化に敏感な体質ということなのでしょう。また、赤ちゃんが元気だと重くなるとか、活発な男児だとキツイとか、そんな話もあながちデタラメでもないとママたちを見ていて感じています。だからこそ、この時期が通り過ぎるのを、じっと我慢して耐えている方が多いのですね。
妊娠初期はサポート不足
たしかにつわりは病気ではないのですが、ママの生活を苦しめることには違いありません。初期は妊婦さんには見えなくて、周囲の配慮も貰えないことが多いのです。最近マタニティマークをバッグに付けてくださるママたちも増えましたが、周囲の理解はまだまだ不足していると思います。私が外来で出会った妊婦さんで、通勤電車の前の座席に座った男性が噛んでいるガムの匂いで吐いてしまった方がありました。初期の妊婦さんこそ、より大切にしてほしいですね。そしてママたちには、少しでも楽になる方法に出会って、早く笑顔を取り戻してほしいと思います。
体となかよしになるチャンス
そう言えるのは、つわりは自分自身の体が妊娠を受け入れるために懸命に変化しようとしている証明でもあるからです。妊娠すると、女性の体はとても素直になり、生物としての本質的な必要を感じ取れるようになります。妊娠するまでのあなたの生活は、あなたにとって優しいものであったでしょうか?この妊娠の初期は、それに気づくチャンスでもあるのです。つわりを軽くする方法は、あなたをしっかりと休ませてくれるでしょう。

今まで多くの女性が経験してきた症状だからこそ、様々な対処方法が編み出されています。以下にいくつかご紹介しますので、ご自分にあった方法を選んで試してみてくださいね。

健診で相談してみましょう
点滴と吐き気止めの薬剤の投与で一時的にラクになります。入院して日常と離れることで、症状がすっと軽くなった方もおられます。心の状態が、つわりの重さにかなり影響しています。ママのストレスになることは、この時期は特に遠ざけるようにしましょう。
今食べられるものを食べてみる
吐いてしまっても構わないので、のど越しの良いものを少しずつ摂るようにします。受け付ける食材は人によって様々。消化が良くて水分が多いものがお勧めです。すりおろしりんご、お素麺は定番です。初期の赤ちゃんはママが食事が出来なくてもすくすく育ってくれますので、心配しないでくださいね。
症状が軽くなるツボがあるんです
東洋医学では、気血の流れが妊娠によって変化し停滞するためにつわりが起こると説明されています。吐き気止めの有名なツボは、乗り物酔いにも効く手首の内側の「内関(ないかん)」ですが、女性の万能ツボ「三陰交(さんいんこう)」へのマッサージも効果があります。三陰交は、内くるぶしの上に指をあて、4本分のあたりにある凹む場所です。
アロマセラピーでスッキリ
仕事中などにこみ上げる吐き気には、ペパーミントの香りが効果ありです。匂いに非常に敏感になっていますので、精油の量には注意してください。コットンやタオルハンカチにオイルを落として、傍に置いておくと良いでしょう。また、グレープフルーツやオレンジの優しい柑橘系の香りをディフューザーでお部屋に満たすと、他の嫌な臭いが気にならなくなります。

つまり、つわりを軽くするためにいちばん大切なことは、「自分をいたわること」に尽きるのです。今まで無理しすぎてきた自分自身を、優しく癒してあげましょう。

体調が悪いなか、ここまで読んでくださってありがとうございます。早くあなたのつらい症状がなくなって、妊娠中の生活を楽しんで過ごせるよう、心から願っております。お大事になさってくださいね。

 

なかがわ助産院では、つわりを軽くしたいというママに、症状の個別相談とリラクゼーションを基調にした出張ケアを行っております。詳しくは以下よりご相談ください。