母乳トラブルの予防


おっぱいを懸命に飲む赤ちゃんの可愛さ…これは生きとし生けるものに神様が下さった喜びのひとつ。出産するだけの体力やホルモンを持っているママであれば、95%が母乳だけで育てることが出来る力を持っていると言われています。でも、様々な理由で多くのママがミルクに切り替えて行かれますね。ミルクも研究が進み、母乳に成分を近づけたりサプリ的に重要なビタミンを添加されていたり。愛情を持ってボトルで与えるミルクは、心理学的には十分「mothers milk」だと言えるでしょう。赤ちゃんの心と体がすくすく成長するために絶対に必要なこの「mothers milk」を、あなたはどう考えますか?

なぜ、母乳が大切なの?
母乳の研究も年々進んでいます。メリットとして挙げられる一番は含まれる免疫細胞ですが、生後6カ月までの完全栄養食であり、以前のようなお白湯や果汁は与えなくなりました。多くの利点が科学的根拠を持って示され、WHOでは2年以上の母乳育児を提唱しています。ですが、完全母乳にこだわるあまりに赤ちゃんが低栄養状態になったり、極端な食事制限で体調を崩すママ、はては怪しいネット販売の母乳を買ってしまうなどの弊害も現在起こっています。
サポートがあれば可能性が高まる
確かに母乳育児にこだわりすぎるのは問題を生じますが、でも実は多くのママが母乳育児の力を持ちながら、環境の不備や知識不足から、早々に諦めてしまっている現状があります。どうしてそれまでに正確な情報を伝えることが出来なかったのか、私たち助産師の力不足も感じています。良好な分泌のベースを作る最初の一か月の授乳方法が今後の母乳育児に強く影響することを家族のみんなが知り、そのための環境や条件へのサポートが必要なのです。
産後の体をしっかり休めること
なぜ母乳育児に環境が大切だと言えるのか、それは母乳分泌がホルモンの状態に左右されるからです。分泌を上げる為には赤ちゃんに頻回におっぱいを吸ってもらい、乳腺を刺激する必要がありますが、そのためには必ず家事をサポートする家族が必要です。ママが合間で体を休めることが出来るように、睡眠や食事を助けてくれる人がいれくれると安心ですね。また、授乳の姿勢や吸着の角度が悪いと乳頭が傷つき、頻回に吸わせることが難しくなります。これも入院中の赤ちゃんは眠りがちで十分に練習できないケースが多いため、退院後によく起こる現象です。
周囲をフルに利用しましょう
つまり母乳育児のスタートは、ママと赤ちゃんだけで頑張るのではないのです。パパやおばあちゃん、産院の母乳外来や地域助産師の訪問などをフルに利用して、ママの体調を守ること。そして、赤ちゃんが正しい吸啜のお口が出来るようになること。この二つが重要です。

お産で疲れた体、急激なホルモンの変化でブルーな気分になりがちな産後一か月。どうか無理しないで、沢山の人にヘルプを出して下さいね。楽しく赤ちゃんにおっぱいをあげられますよう、応援しています。

 

なかがわ助産院では、おっぱいが吸えない、分泌を増やしたい、詰まってガチガチになった…そんなママのお家に伺って、出張ケアを行っています。まずはメールでお問い合わせください。