仲間はずれやいじめで出来る事


普通に学校に通ってた我が子。急に元気がなくなったら、心配ですね。学校で起こるいじめについては毎年統計が出されていますが、学校が報告に上げられるケースはおそらく一部なのでしょう。自殺報道でも、「いじめはなかった」と学校長が言われますが、ようは本人の感じ様は先生には伝わっていないということですね。親もまた、本当に子どもを理解することは難しいのです。

わからないことが当たり前
なぜ、本人の苦しみは周囲にわかりにくいのでしょうか。それは、仲間はずれになっている自分を認めたくない、隠したい気持ちやプライドがあるからです。そこで、「なにがあったの?」「誰にやられたの!?」と問い詰められたら、子どもは黙ってしまいます。執拗に訊かれると、心を閉ざしてしまうのです。
ただ、聞き手になる
確かに詰問されると心を閉ざしてしまうのですが、でも、本当は聞いてほしい、自分の思いを理解してほしいと本人は強く望んでいます。この時、自分の聞きたいことはわきに置いて、相手の思いをただ聞いてゆく、聞き手になることが大切です。
話しながら、思いが整理されてゆく
なぜ、ただ聞くことが必要だと言えるのかというと、人は妨げられずに聞いてもらえる状況では、次々と自分の思いを話すことがとても楽にできるからです。そして、話をしながら、自分自身の本当の気持ちを探ってゆくのです。本人にしかわからない、様々な状況や事情を、自分自身で整理してゆくプロセスが起こります。
子どもを助けるために親に出来ること
つまり、聞き手が存在することで、本人の中で自己解決が起こる、ということです。親が直接動くと事態の混乱が深まってしまうことが多いのですが、このプロセスを経ることで、解決のために周囲が何をするのかが明確になってゆきます。子どもが傷ついた表情をしていたり、涙をこぼしたりすると、親は冷静ではいられませんね。どうにかして、早く、この子を助けてあげたい!と気持ちがはやります。でも、子どもを助ける一番の方法は、その子の本当の気持ちを理解できる、聞き手になることなのです。

今実際にあなたのお子さんが学校での人間関係で苦しんでおられるのであれば、親としてのあなたも本当につらい日々を過ごしておられることでしょう。自分が弱っていると、私たちは聞き手として聴く力も弱っていきます。ママが元気でいることが家族の平和の源です。リラックスできる時間を確保して、大切にしてくださいね。

なかがわ助産院(つきのわ親業ルーム)では、ママが笑顔になるためのお茶会を毎月開催しています。ご案内はこちらです。