思春期にどう向き合う?


子育ての講座に来てくださる0才の赤ちゃんのママたちが、「今は良いけど思春期が心配なんです」と言われます。自分がかつて悩んだ記憶や親への反抗、事件の報道などで不安になってしまうのですね。ママにとっては未知の世界である男の子の二次性徴もドキドキです。心と体に起こる著しい変化は、さなぎが蝶になる様子にも例えられるほど。思春期の子育て、いよいよスタートです!

心と体の変化が起こります
なぜ、思春期は不安定になるのでしょうか?まずは性ホルモンの分泌開始により、体に変化が起こります。そして心の変化は、2才のイヤイヤ期に芽生えた自我が、より多くの価値観を求めて自分探しを始めます。この時、今まで自分を律していた親のルールに反発することになるのです。
思春期は関係を深めるチャンス
確かに思春期は、上記のことから親への反発を招きやすいのですが、イコール関係が悪くなる、ということではありません。親も子どもの揺らぎを理解しようと努めることにより、さらに信頼が深まるチャンスの時期でもあるのです。思春期には、子どもは自分の所有物ではなく、ひとりの人間であることがはっきりと分かるようになります。この時の接し方で、子どもの反抗はぐんと減ります。
反抗には理由がある
なぜ親の接し方が大切なのか。それは、反抗には必ず理由があるからです。子どもが違う価値観で親に向かってきたとき、負けるもんかと戦闘態勢になるのではなく、その考えを一度は聞いてみることが必要です。たとえ、それが金髪や鼻ピアスであってもです。
一人の人として尊重し信頼する
つまり、思春期の子どもを一人前の大人として扱い、その考えを尊重するということですね。このプロセスを通ると、子どもの行動が理解できるようになり、無用な心配は減ってゆきます。また、話し合いを深めることで、子どもの行動を信頼することが出来るようになります。

それでも容赦ないキツイ言葉で否定されると、親だって人間ですから深く傷ついてしまいます。ここでストレスを抱え込まないよう、別の場所で思いを浄化する機会をもってくださいね。(神社巡りでも、同僚との飲み会でも!)

 

なかがわ助産院(つきのわ親業ルーム)では、思春期のお子さんと向き合うスキルが身につく講座を提供しています。講座へのお問い合わせはこちらからメールでお願いいたします。