不登校の原因と親の対応


どんな重病も、はじまりの症状は風邪と同じって聞いた事がありますか?「おかあさん、今日おなか痛いから学校やすみたい…」その一言から、3年間学校に行けなくなる子がいます。昔は登校拒否と呼ばれ、家庭での甘やかしが原因の我儘だとされていた不登校。ちょっと厳しく指導すれば治る?それでOKな子もいます。でも、その後もどんどん数が増えてゆきました。最新の統計では、12万人もの生徒が学校に行けないでいると報告されています。

不登校が増えていくのはなぜ?
なぜ、不登校は増えてゆくのでしょうか。厳しい対応が上手く行かないことに気付いた教育現場は、今度は「個々の原因に踏まえ、ひとりひとりに対応すべき」という構えに変わってゆきました。でも、原因を聞くとほとんどの子は「わからない」と答えます。原因がわからなければ対応出来ないので、登校刺激さえ遠慮がちとなり、不登校生徒はますます学校に戻れなくなっていったのです。心ある先生たちは、日々試行錯誤しながら、どうすれば学校に戻れるのかを考えておられます。でも、一歩家から足を踏み出すことが出来ない…その子の傍で、親もまた苦しんでいます。
強さが必要な子たち
確かに学校に戻ることはとても大切なことですが、力づくで引き戻してもお子さんの苦しみは深まることになります。実は、学校に行けなくなる子にはある共通した特徴があるのです。それは、非常に感性の高い、鋭い子が多いという事。彼らにとって、他の子たちが難なくこなしている、周囲に上手く同調して楽しむことは至難の業なのです。このような子たちに、それでも無理して楽しめ、笑えと集団に戻すと、心が壊れてしまいます。でも、だからといって孤立したまま放置しておくと、そのまま何も変わらず引きこもりの成人になってゆくでしょう。そこから外に出るのはさらに厳しくなります。学校という受け皿があるうちに、強くなるための何らかのアクションが絶対に必要なのです。
ストレスを長引かせない
なぜ強さが必要なのか、それは私自身が我が子を見ていて感じていることです。息子は幼児期から集団に馴染めない特性を持っていて、中学生から不登校となりました。進学のプレッシャーなどから自分を激しく否定する言葉を聞くのは親としてつらいことでしたが、今は自分なりの進路を見出して、目標をもって前に進んでいます。その行動を支えるのは自己信頼という強さなのです。小さな成功体験から強さが育ってゆき、行動が変わる過程を見てきました。これを塞ぐのがストレスです。不登校が長期化すればするほど、罪悪感や自己否定などのストレスが溜まってゆきますので、長期化させないことが大切です。
家庭で親に出来ること
つまり、家庭において、いかに子どもを安心・安定させられるか、その相互信頼の中で学校を休んでいる焦りや罪悪感から子どもを解放させるかが、親に出来る唯一で最高の対応なのです。後は子ども自身が勝手に行動を始めます。ここが正念場、出来る限りの支援をしてあげてくださいね。

子どもが不登校になると、親もまた一緒に苦しむことになりますね。ダメだと分かっていても、きつい言葉で罵ってしまったりゲーム機やパソコンを取り上げたり、子どもも親も、感情の嵐に飲み込まれてしまって傷つけあうことが起こりやすくなります。どうか、ご自身の心身の健康にも十分な手当てをして頂きますように。一日も早く、ご家庭に元の笑顔が戻りますことをお祈りしています。



なかがわ助産院(つきのわ親業ルーム)では、不登校のお子さんとの関係を改善し、親が助け手になるための講座を開催しています。お問い合わせはこちらからメールでお願いいたします。