お産が怖い理由


プレママさんたちとお話をしていると、だいたい心配事は3つ。①初めての育児、大丈夫かなあ②仕事復帰の時期が心配。保育園入れなかったらどうしよう③お産が怖い!痛そう( ;´Д`) この中で一番多いのは③のお産のこと。陣痛ってどれくらい痛いんだろう…難産になったらどうしよう…初めてだからの不安もあれば、前回のお産がつらすぎてトラウマになってる方もあります。つらいイメージの中心には、陣痛への恐怖があります。

 

陣痛は痛い?
なぜお産には陣痛があるのでしょうか。「陣」「痛」どちらもつらそうな漢字ですね。規則的な収縮が波のように起こり、今まで子宮の中でほんわかと過ごしてきた赤ちゃんは外の世界へつながるトンネルをゆっくりと進んでゆきます。弱すぎるとお産は止まってしまいますし、強すぎると急激な進行でママの産道が傷ついたり、赤ちゃんの呼吸が出来なくなって弱ってしまったりします。このように、とても大切な子宮収縮のコントロールが、ママの体力で赤ちゃんが産まれるまで続くのです。
人によって感じ方が違う!
確かに収縮は痛みを伴いますが、実はこの痛み、人によって随分感じ方が違うのです。収縮は波のように弱く始まりピークがあってまた弱まります。この収縮の時間は、スタートの10分間隔の頃は10秒くらい。子宮口が全開して産道にぐっと赤ちゃんが下りてくるころには1分くらい続きます。この時で、ピークは20秒くらいです。ピークの時のみ呼吸で痛みをのがし、後はリラックスするのが安産のコツ。収縮の最初から最後まで痛みで緊張しているママは、お産が長引いてしまうことが多いんです。
お産の進行はホルモン次第
なぜそう言えるかというと、ホルモンの分泌は感情に強く影響されるからです。赤ちゃんを生み出すために必要なホルモンが、不安や緊張で十分な量の分泌が起こらなくなってしまうのです。そうすると、お産の進行が長引きます。ママの体力が持たなくなり、赤ちゃんも弱ってしまうと帝王切開などの医療介入が必要となるケースが増えてゆきます。
麻酔と和痛
つまり、収縮を怖がったり嫌がったりすることが、お産を長引かせるひとつの原因となっている、ということですね。最近では、本当に痛みを恐れるママたちのために、麻酔分娩を選択できる産院も増えてきました。背中から、帝王切開と同じ麻酔を量を調節しながら入れて痛みをコントロールする方法です。私たち助産師のお産では、和痛という方法を使います。妊娠中からのレッスンと、お産当日のママの感情を丁寧にケアすることで、収縮の波に上手に乗っていただき、ママと赤ちゃんが力を合わせていのちの誕生を迎えてくださるような自然なお産をサポートしています。

初めてのことが不安なのは当たり前。ましてや、先に経験した姉妹や友人からつらかった体験を聞いてしまったら心配でたまらなくなるでしょう。でも、今から呼吸やリラックスを身につけておくことで、きっと当日は一生の誇りになる様な幸せなお産が経験出来るはず!心から、応援しています。



なかがわ助産院では、お産で役立つリラクゼーションや、パパと一緒に沐浴練習など、準備のための個別レッスンを訪問で行っています。まずはお問合せ下さい。