講師紹介

助産師 織田 さとみ(おだ さとみ)

織田さとみ

1999年、6年越しの夢であった助産師になる。
その後、普段の食生活での健康管理に興味を持ち、2014年国際薬膳調理師取得。同時期にハーブティーを作れる京都お茶会コンシェルジュティーチャーとなる。
2015年には不妊カウンセラー、プリマリタル(婚前)カウンセラー取得、性暴力被害者支援員の課程を修了する。
現在、助産師として勤務のほか、育児・不妊相談、小学校・中学校・高校・専門学校での講師活動、プレママ・新生児訪問も実施。

助産師 西里 千鶴(にしざと ちづる)

西里千鶴

伏見を拠点に出張訪問専門の助産師として活動している西里千鶴です。
地域の子育て支援訪問指導員の傍ら、トコちゃんベルト開発者である渡部信子助産師の下で骨盤ケアの基本を学び、現在は整体師・アロマセラピストの資格を活かして妊婦さん・産後のお母さん・あかちゃんのトータルボディケア(整体)を行っています。
お声がかかればどこへでも赴き、妊婦さん・お母さんと赤ちゃんが笑顔で過ごせるよう、微力ながらお手伝いさせていただきます。


助産師 渡邉安衣子(わたなべ あいこ)

渡邉安衣子

「助産師あいこさん」こと渡邉安衣子です。助産師学生の頃から性教育活動を続けて早20年になります。助産師は妊娠、出産、育児の専門家であることはよく知られていますが、性のことに関しても深く勉強を重ねているスペシャリストなんですよ!現在私は京都府助産師会の性教育チームの代表をしています。毎年、多くの学校や保護者の皆様に性教育講演にも出向いています。性とは生きることそのもの。皆さんと気楽に自由に明るく性トークができることを楽しみにしています。


助産師 大藤 栄(おおふじ さかえ)

大藤栄

京都府助産師会多胎育児支援「えんどう豆の会」メンバー
(京都府助産師会では、1997年から多胎育児支援を行っています。)
自身が双子。妊娠中、出産、育児が大変な多胎家庭の方ですが、「多胎って大変だけどよかったな」と思える日が来ることを願って、訪問などの支援を続けています。
「えんどう豆ちゃんの集い」では、大藤をはじめ、多胎育児支援メンバーも一緒に多胎家族の方と楽しいひと時を過ごしたいと思っています。