セラピー

ヒプノセラピー 【ヒプノバース(催眠出産)レッスンはこちら】

ヒプノセラピーとは

いわゆる代替療法としての催眠療法は、
不安症や強迫性障害の治療に役立つものですが、
この「催眠」は最も歴史ある心理療法です。
古代インドやエジプトでは「眠りの寺院」があり、
ヨーロッパにおける「ロイヤルタッチ」では
偉大なる王が触れると癒しが起こるという信仰がありました。

18世紀にはフランツ・アントン・メスメルによる
メスメリズムが生まれました。
高い効果が認められ社会現象となったため、
フランス政府は化学者アントワーヌ・ラヴォアジエや
ベンジャミン・フランクリンを委員とする
調査委員会を設置しましたが、この時代では
暗示による癒しにエビデンスを出すことは出来ず、
古代からの迷信や黒魔術の類であると結論を出しました。

その後、表舞台から一時メスメリズムは姿を消していましたが、
ジェームズ・ブレイドによって再度研究が為され、
そこで起こっている事象を説明するのに
「催眠(ヒプノーシス)」という言葉が採用されました。

ブレイドの大きな業績は以下の二点を明確にしたことです。
①催眠はオカルトではなく科学的に説明できること
②催眠の効果は被験者本人とのdo withプロセスである
(セラピストの影響は補助的)

その後、催眠による麻酔効果を使って
インドでの外科手術の死亡率を激減させた
ジェームズ・エスデールの業績に続き、
催眠と暗示のシステムの研究が発展してゆき、
フランスの医師であるリエボーベルネームによって
ナンシー催眠スクールが設立されました。
若き日のジークムント・フロイトやエミール・クーエも
ここで催眠を学び、彼らの精神分析や自己暗示の理論に繋がっています。
また、心理学の父、ウィリアム・ジェームスが 最初の著書「心理学原則」において
催眠に言及しています。

その後世界大戦の時代には
ペインコントロールの手段として軍事研究され、
1958年には米国医学会が療法としての
催眠を承認しました。
ここでようやく、催眠が科学として受け入れられる土壌が出来、
イメージトレーニングやリラクゼーション療法、誘導瞑想など多くの形で、
ヒプノセラピーは私たちに親しみ深いものとなっていったのです。

・・・セルフイメージ再構築プログラム
「エネルギーマスターコース」はこちらから

ヒプノセラピー各コースの内容

催眠状態についてはこちらをご一読ください



A 自己暗示コース

暗示とは、新しい考え方や習慣や行動を
潜在意識に対してインストールする為に行われる、
言語、あるいは、非言語による働きかけのことを言います。

潜在意識は顕在意識と違って、批判機構がありません。
なので、暗示を素直に受け取ってくれるという性質があります。
特に繰り返し与えると、それがどんどん定着していきます。
この性質を利用したのが「暗示」であり、暗示療法です。

このコースでは、あなたがゴールに向かうための暗示
(こころがゴールに向かうことができる・モチベーションを増幅させ行動を起こさせる)
をカウンセリングによって作成し、暗示を受ける体験をします。
その後、お渡ししたスクリプトを使って、
繰り返し自宅でセラピーを継続していただくことが出来ます。


B 退行催眠コース


退行催眠とは催眠トランスにおいて
過去の記憶やイメージに戻る催眠手法のことを言います。
その一つが幼い頃の記憶や体験のイメージに退行するものであり、
もう一つは前世の記憶やイメージに退行するものです。

今世の記憶や体験イメージに退行する方法を
年齢退行」と言います。
そして、前世の記憶や体験のイメージに退行するものを
前世療法」や「過去世退行」と言います。
またお母さんのお腹に中にいた頃の記憶や
体験イメージに退行するものは「胎児期退行」などと呼ばれています。

幼い頃の体験の中にプログラムされている、
根深い不必要なエネルギーを解放してから、
あたらしい暗示を与えようという発想から来たのが、年齢退行です。
退行テクニックを使うことで、
抑圧されていた否定的な感情や制限を効率的に開放して、
暗示をより効果的に潜在意識にインストールさせることができ、
結果として早く、そして、効果的なセッションと
大きな肯定的な変化を提供することができます。

年齢退行で行うことは、大きく二つです。
①問題の根っこになっている、幼い頃の記憶、
あるいはイメージに絡みついた否定的な感情を
催眠状態において「正確に掘り起こす」。
②引き出した記憶やイメージに対する認識を
ポジティブなものにして「問題の根源を癒す」。

年齢退行には真正退行疑似退行があります。
真正退行を起こすためには
深いレベル(アーロン深度スケール5~6)の催眠に入る必要があります。
思い出した出来事がその時、そこで起こっているかのように、
一体化した状態で現在形で感じます。
疑似退行では、深度レベル第2段階があれば入れます。
一体化はせず分離しているので、
思い出したことに対して通常はほどんど感情が伴いません。

トラウマの原因となる幼い頃の記憶のシーンが
何歳のころの出来事なのか?
そこで何が起こっているのか?を思い出して、
どういう体験が否定的な感情の原因になっているのかを
分析していきます。
問題の根源となる幼い頃の出来事を正確に掘り起こした後、
そこにインストールされている否定的な感情を解放して、
新しい学びをインストールします。

最も深い根源をたどると、
ほとんどの場合「親」と向き合うことになります。

「私の不幸の原因のすべてはこの人にある」と怒りを向けるのか、
あるいは「当時相手が置かれていた立場を理解」して許すのか。

その辛い体験を「人生が上手く行かなかった理由」にして、
悪いことは何でも人のせい、というポジションに留まるのか、
「この体験から何を学べば私の人生は幸せになるのか」という、
主体性が持てるポジションにシフトするのか。

これらの選択で、セラピーが到達する場所はまったく変わります。

記憶の積み重ねが今のあなたの性格を形成しています。
あなたの潜在意識の中にある記憶は肯定的なものも、否定的なものも、
あなた特有のものであり、他者にゆがめられるべきものではありません。

このセラピーでは、あなた自身が否定的な感情を手放し、
より肯定的な自己を受け入れる意識が必要です。
その点について、事前のインテークとカウンセリングを丁寧に行います。


C グリーフセラピーコース


グリーフセラピーコースは、 死別や離別などによって直接コミュニケーションが取れなくなった存在
(大切な家族ペットやお腹にいた赤ちゃんを含む)と、
催眠下で再会し、お互いの思いを伝えあい理解することで、
傷ついたご自身を癒しに導くコースです。

お写真、その方との思い出の品があればご持参ください。

セラピーの目的 セッション料金
A 自己暗示コース(90分) 10,000円[税込]
B 退行催眠コース初回(3時間) 20,000円[税込]
C グリーフセラピーコース初回(3時間) 20,000円[税込]
B・C 二度目以降(2時間):前回より三か月以内 15,000円[税込]
※B・Cでは初回セッションの前に、
メールもしくは電話にて事前面接(無料)を行い、
セラピーへのご要望を伺います。
※Aの自己暗示セッションは、
カウンセリングによってご自身の欲求を明確にし、
ご自宅での自己暗示に使えるアファメーションを作成します。
各セラピーのお申込みはこちらからどうぞ

アクセス



〒605-0984 京都府京都市東山区 福稲高原町
・・・・・京阪本線 鳥羽街道駅より徒歩3分
・・・・・JR奈良線 東福寺駅より徒歩10分
・・・・・地下鉄烏丸線 十条駅より徒歩13分
地図はこちらです
各セラピーのお申込みはこちらからどうぞ