悪い子どもは一人もいない。親業を知らない親がいるだけ。
     
               〜フィンランドの国興し事業スローガンより

全世界47か国に拡がるゴードン・メソッド「親業」

私は、どんなしつけも入らず、自己中で人に迷惑をかける息子が大っ嫌い!と感じてきました。産んでしまった責任は果たすけれども、決して愛情は持てないと思っていました。それは、親として、胸が潰れる程の悲しみであり苦しい日々でした。

この講座に参加した3時間×8回のたった24時間で、子どもに対する自分の気持ちがこんなにも変わって楽になることに、ほんとうに驚きました。

もしあなたが、かつての私のように、自分の感情に呑まれて子どもとの関係を諦めそうになっているなら、この講座での学びは、必ずお役に立てます。

また、すべての人間関係の基本となるプログラムですので、夫婦間や職場での人間関係にも良い効果を同時にもたらします。

受講をお考えの方は、ぜひ一度、体験講座で私と話をしてみませんか?
スカイプによる個別受講相談(無料)もお受けしております。

お問い合わせフォームはこちらです
                    (つきのわ親業ルーム主宰 中川淑子)



〜創始者トマス・ゴードン博士(1918-2002)について〜

 アメリカの臨床心理学者で、来談者中心療法のカール・ロジャーズ博士の共同研究者でした。
1960年代のアメリカで子どもの問題が色々起きた時に、子ども達とどういう風に接すれば社会に有用な子ども達に育てられるか、親への援助は為されてはいませんでした。 これが、ゴードン博士がこのプログラムを開発された背景です。
 最初は問題を起こした子どもの親たちを集めてカリフォルニア州のパサディナで講座が行われました。それが全世界47ヶ国に広がって、問題を起こした子どもの親のための講座というよりは、予防医学的にもっと小さい時からという考えが広がっていきました。
 日本では1980年(世界で11番目)に、近藤千恵先生が本を訳され、アメリカで資格を取られて導入。今までに15万人もの方がこの講座を受講されています。

〜親業で学ぶ三本柱〜

「聞く」
子どもが心を開いて本当の気持ちを親に話すように接し、子どもが何か問題を持って悩んでいる時に、自分で解決できるように手助けします。
子どもは自分を理解しようとする親の姿勢に気付くと、自分で乗り越えようとするエネルギーが湧いてくるんです。自主性を育てることができるのが第一の柱(能動的な聞き方)です。

「話す」
親が困った時に相手を叱ったり責めたりするのではありません。何が何故困るのかを率直に伝えて、自分がやった行動が人にどんな影響を与え、どんな風に感じさせたか、気付くように親がちゃんと向き合って語り、思いやりを育てるのが第二の柱(わたしメッセージ)です。

「対立を解く」
二人の人がいれば当然対立が起こるでしょう。この時一方的に言うことを聞かせるのでも、子どもの言いなりになるのでもなく、それぞれの欲求を出しあって解決策を一緒に考える。
これはジョン・デューイの6段階の問題解決課程にあてはめて、この順番で問題解決をしていくと、話し合いが非常に楽になるとゴードン博士が勧めています(勝負なし法)。


親業を学ぶことで、お子さんにとってどんな良い点がありますか?

 自分で問題解決していくという力が伸びて行きます。自分に良い意味での自信ができる。人と関わることが怖くなくなるようです。また親に愛されていると確信できるようになります。あるお嬢さんが「だから自殺はできないなって思えた」と言っていましたね。

では、親側にとってのメリットは?

 親業訓練講座はグループダイナミクスを大事にしているので、何人かの人と一緒に勉強するんです。 そこで色々な方が色々な思いを持っているんだということに気がつくと、自分の子どもが自分と違う考えを持っていることが認められるようになってきます。
 そういう意味で「自分だけが」と思い込まないで、色々な考え方にも柔軟に対応できるようになります。

 それからゴードンメソッドで一番大きいのは、誰が困っているのか、誰が解決する問題なのかを明確にするということです。
 子どもがいじめられたなんていうと、親が全部代わって解決してあげようとしてしまう。勉強ができない、何かがうまくいかない、なんて時に「こうすれば、ああすれば」という提案型が多いですよね。
 でもそれは本人が解決すべき問題なのです。親業を学ぶことで、本人が自分で解決するという力を信じられるようになる。子ども達がこんな素晴らしい力を持っているんだというのが、明らかになっていくのです。
               (中井喜美子シニアインストラクターインタビュー記事より抜粋)


このページの先頭へ

ナビゲーション


   
   
  親業訓練一般講座
『P.E.T.コンシェルジュ』認定
   
■受講料 30,000円(税別)
■講座予定 こちら

「親業」(トマス・ゴードン 著/近藤千恵 訳/大和書房)をテキストに、子どもの気持ちを聞く訓練、親の気持ちを正確に子どもに伝える訓練、親子間に対立や考え方の相違がある場合、お互いの関係を損なわずに満足のいく解決策を見つける訓練など、実際の例に即した体験学習を通して具体的な方法を身につけます。

  方法

親業訓練の考え方の説明や意見交換、また2人で組になり交代で親の立場、子どもの立場を経験するロールプレイという親子双方の気持ちを実感しながら訓練で学習した方法を練習していきます。
無意識に子どもに接している時に起こりがちな問題点を理解するためです。
  

  内容(3H×8回)

1回目: 「行動の四角形」

2回目: 「能動的な聞き方」1

3回目: 「能動的な聞き方」2
   「わたしメッセージ」1

4回目:「わたしメッセージ」2

5回目: 「環境改善」

6回目: 「欲求の対立」

7回目: 「勝負なし法」

8回目: 「価値観の対立」
 

  受講者の声

 *私を避けていた息子と笑顔で話しができるようになった。(Yさん 45歳 )

*気持ちが楽になり自由に自分の気持ちを子どもにいえるようになった。(Tさん 37歳)

*前よりも家庭の中が温かく感じられるようになった。(Kさん 40歳)

*不登校の子どもが話しをし、自主的に行動するようになった。(Fさん 38歳)

*親子に限らず、他の人間関係においてもゆとりのあるものの見方ができるようになった。
(Iさん36歳)